〜慶応義塾 百花繚乱〜
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2008.06.23 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
お能ってどこが入り口なの??
みなさんはじめまして 
じっとりした湿気が去ったと思えば照り返すほどの日光が差し、かと思えばまたくもりが来るといったコロコロ変わる天候の中、体調など崩しておられませんでしょうか。
申し遅れまして私、慶應観世会の石川由美子と申しますおはな

今回はお能の世界に興味をもち、且つ自分でもやってみたいー!という方が、
『どうすればお能の世界に身も心も浸れるのか?』
というテーマでおおくりしたいと思います。

まず、卑近な例で恐縮ですが私の場合から申し上げますと、
大学のサークル活動で能の世界へ入ることができますラブ
普段のお稽古の他に、月に2度ほどプロの能楽師の先生のもとで
お稽古をつけさせてもらえ、サークルとはいいつつ
本格的且つ真剣に能と向き合える格好の場所でありますぴかぴか
発表の場も豊富で、数々の謡い、仕舞いを自らができるというのは
なかなか貴重な体験です。
4年生の締めくくりには集大成として衣装、面ともに本番同様のお能が出せ、
これはもう遊びの域を超えているとも言えます…ひやひや
慶應だけではなく、他大学でも数多く能楽サークル、能楽会が
それぞれの方法で能楽の世界への扉を用意しておりますので、
現代においてもお能の世界は決して敷居の高いものではなく、
みなさんが少しでも興味好奇心をもてば、いつでも覗ける楽しい世界ですかわいい

また、大学以外の場所でもお能に親しめます!その一つが能楽堂です。
能楽堂によりますが、ただお能が見られるだけでなく、
初心者の方々が参加するお能のお稽古を実施しているところがあります。
都内では神楽坂にある矢来能楽堂がその一つに挙げられるでしょう。
集団レッスン、個人レッスンともに自分の好みで行えるそうで、
自分に合ったスタイルでお能の世界に触れることが可能だそうですびっくり

またNHKの番組などで、たびたびお能の特集が放映されます。
こういった番組はなかなか勉強になり、且つ初心者の方でも気軽に楽しめる内容に
なっているので、
少し「お能」というキーワードに敏感にTV欄をチェックされると良いと思いますわーい
ちなみにこのような番組で、私は書道や和歌、陶芸、歌舞伎などの特集も
楽しく見させていただいておりまするんるん

それでは長くなってしまいましたが、今回は
『どうすればお能の世界に身も心も浸れるのか?』
というテーマでおおくりさせていただきました。

それではまた!


【2008.05.28 Wednesday 00:46】 author : Japan! Culture運営委員会
| 日本文化コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
琴の説明☆
今からおよそ1300年前の奈良時代

中国大陸伝来の「コト」はそれより前の弥生時代
に生み出されたとされる日本古来の「こと」と
融合し、音楽を愛するあらゆる歴史の人々の手を通して
うけつがれてきました嬉しいおてんき
何千年もの時代をくぐり抜け、奏でられてきたのは、
多くの人々を魅了するものがあったからだと思いますぴかぴか
それはいつの時代にも人々の心を癒し、やすらげてきた「調べ」にありますムード
現在、様々なモノに囲まれ、慌しい日々を送る
私たちがことの「音色」に耳を澄ませることで、
日常とは違った世界に入り込める気がしますかわいい
【2008.05.21 Wednesday 15:34】 author : Japan! Culture運営委員会
| 日本文化コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三味線のはなし 其の二
さてさて、今日は三味線の歴史をちょいとご紹介させていただきますウィンク このブログをたくさんの方に見ていただけて、気合が入りますねグッド

今から450年ほど前に、海の向こうの中国からはるばる琉球を経由して日本にやってきた三味線は、全国に普及し日本独自の発展を遂げました。はじめ、琵琶法師が弾いていたとも言われていますムード江戸時代になると、歌舞伎や浄瑠璃に用いられて大活躍するほか、前にも書いたような女の子たちや芸者さんがベベンと弾いたり、あるいは人気のある道楽として、どこかのお坊ちゃんがベンベン弾き語りをしたりと、広く人々に愛され、日本を代表する楽器のひとつになりましたチューリップ

一方で三味線は、アメリカの民族楽器バンジョーに非常によく似ているそうですおてんきどんなに国は離れていても、文化が全然違うように思えても、私たちは同じような楽器で、ずっと昔から楽しんできたんですねニコニコ私たちのイベントも、そのようになることを願っていますハート大小
【2008.05.21 Wednesday 01:17】 author : Japan! Culture運営委員会
| 日本文化コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お能の世界
秘すれば花なり 秘すざれば花なるべからず

今からおよそ600年前。室町の時代に、能役者世阿弥はこう言いました。
秘密の心の世界で工夫を凝らし、奥儀をきわめて咲かせるのが芸の花桜
これがお能の世界ですぴかぴか

能は日本最古の音楽劇で、筋は『謡(うたい)』と呼ばれる歌で語られますパクッ役は、主役のシテと脇役のワキ。面をかぶり、豪華な衣装を着て演じるのですかわいい
幽玄の美を体現する舞台上の「花」を、ぜひ見に来てくださいGO!
【2008.05.18 Sunday 11:52】 author : Japan! Culture運営委員会
| 日本文化コラム | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
尺八の紹介☆
今回は尺八について紹介します!
そもそも尺八って何!?はい、尺八は昔のリコーダーのようなもので、竹でできている楽器です☆穴は5つあるものが主流で、同じ穴を押さえていても息の吹き方次第で低い音から高い音までたくさんの音がだせちゃう、不思議な楽器です。中世の虚無僧が吹き始めたのが最初だと言われていて、実は5〜600年の歴史があるんですねラッキーまた尺八という名前の由来は、主流な尺八の長さが「一尺八寸」(1尺=30.3cm)というところからきていますおはなちょっとトリビア♪
当日はサークル「竹之会」の演奏時に登場しますので、興味がある方はこの機会に是非見に来てくださいね〜★
【2008.05.15 Thursday 23:49】 author : Japan! Culture運営委員会
| 日本文化コラム | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
三味線のはなし
それでは三味線について説明しまするんるん今回のイベントでは、『竹之会』と『長唄研究会』が三味線を演奏しますよ〜わーいぴかぴか
「まず朝起きて寺子屋へ行き、手習いの準備。その後、三味線のお師匠さんの所へ行って朝のお稽古。それから家に帰って朝ごはん。」
江戸時代の、こんな文章が残っています。これが江戸の女の子たちの日常なのですグッド三味線は、今の私たちで言うピアノのお稽古よりもポピュラーだったんですね〜

ちなみに、三味線を弾きながらイイ声で歌う男の子はもてもてだったとかラブラブギターみたいなものでしょうか

芝居小屋風のホールの中で三味線を聴きながら、しばし江戸に思いを馳せてみてください富士山

次回は、三味線の歴史を紹介します読書
【2008.05.14 Wednesday 23:11】 author : Japan! Culture運営委員会
| 日本文化コラム | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |